ポーカーで賭ける際のチップの役割

ベラジョンカジノで本格カジノゲームをプレイ!

複雑で、意見が分かれ、リスクの大きいゲームであるにもかかわらず、ポーカーは世界的に人気を博している数少ない定番カジノゲームのひとつです。どこの国に行っても、この比類なくエキサイティングなゲームの遊び方を知っている人が少なくとも周りに一人はいるはずです。この1年半の間に、定番ポーカーほどは人気のない変則形ですら、世界のギャンブルシーンに徐々に復活してくるようになりました。オマハ、セブンカード・スタッド、ファイブカード・ドローといったゲームです。

 

長年にわたり、ポーカーは幅広く分析され、議論され、研究されてきました。ほとんどの場合、知識人たちは、この有名なカードゲームのどこが人を惹きつけるのか、勝つチャンスはどのくらいか、ギャンブルの習慣が生活の他の部分にどのような影響を与えるのか、といったことを解明しようとします。保守的な思想家たちは、ポーカー・ギャンブルを一種の依存症として分類してやろうと常に身構えており、その人気を抑えてやるんだと昼夜問わず奮闘しています。

 

ただ、徹底的に調べてみますと、ポーカーやギャンブル全体における「チップ」の役割について語っている人が一人もいないことに気づかれると思います。驚くべきことに、運ゲーの専門家であれ、依存症やゲーム理論の専門家であれ、いわゆる専門家と呼ばれる人たちは、このあらゆるカジノゲームにおいて重要な側面を、これまでずっと見落としてきたのです。ただ、チップはなぜそれほど重要なのでしょうか?そして、チップなしでお気に入りゲームの数々を楽しむことができるのでしょうか?

 

プレイヤーへの影響 

カジノの運営業者やオーナーの観点から見ると、チップは必要不可欠なアイテムのひとつです。全体のプロセスをスピードアップし、プレイヤーをその所持金から分離するものです。言い換えるなら、人が賭けをする場合、チップを使った方がより思い切って勝負する傾向がある、ということが統計で分かっているのです。普通のプレイヤーの場合、本物の紙幣をテーブルの上に置くやり方だと、もっとずっと慎重になると考えられています。それに比べ、プラスチック製のチップなどただのカラフルな物体にすぎませんし、1杯や2杯飲んだ後なら、大抵の人が「プラスチックのチップなんて失ってもどうということはない」という気になると思います。

 

大規模なシステムに最適 

紙幣を使ったギャンブルは、アイデアとしてはいいかもしれませんが、カジノリゾートのような大規模なシステムでこれを実行することは、ほとんど不可能に近いといえます。賭け金が紙幣の金額きっちりであることはほとんどなく、プレイヤーが他のプレイヤーに借りている金額を覚えておくことも難しいからです。ちょっとした遊びのゲームに参加する場合なら、なんとかやり遂げられるかもしれません。参加者が5〜6人のゲームなら、手がつけられなくなることもないと思います。誰かが紙に全部書けばいいのですから。

 

滑らかな素材 

チップを使うと良いもうひとつの理由は、その素材です。チップにはポリ塩化ビニルや、それと類似の素材が使われることが多く、こうした素材はとても滑らかなのです。触り心地がいいので、プレイヤーはついつい手に持って遊んでしまうのです。それに比べ、紙幣や硬貨には汚れていたり臭いのするものも多いですし、紙幣だと破損しやすいという難点もあります。それに、スピード感のあるゲームをしたい人にとっては、プレイヤーが正しいお札を選ぶのに時間がかかりすぎて、ゲームのスピードが落ちてしまうかもしれません。その上、特に昔ながらの、照明を落としたポーカールームの場合、お札を混同しやすいという難点もあります。